秋のお酒2016-11-16



奈良県産酒造好適米 露葉風

そもそもブログと言うのは『日記』だったはずなのですが、これじゃあ月報です。

先月、隔週で出張販売があったので、なんとなくそわそわ、ワクワク、ばたばた、ドキドキしているうちに、過ぎてしまいました。
全く更新がないにもかかわらず、訪れてきてくださった奇特な?方がいらっしゃったようで・・・。
スミマセン、ずぼらで。


出張店舗


十月の二回のイベントはとても楽しく過ごし、(真面目に仕事してるのか?)

新しいお酒も届いてうれしくなったり、

BSの番組に次々大和の酒蔵が登場すると、突然ネットショップが繁盛したり、


もっともっと色々なこともありましたが、ついに11月も半ばを過ぎて、
ようやく冬のご案内(パンフレット)にも目途がついて、
久々にブログページへやってきたというわけです。


ドウダンツツジ
こんな色や、

庭のもみじ
こんな色、


カラマツとクリ
こんな色を眺めていると、

百楽門さんの秋のお酒がますます美味しいです。。
ラベルの色と『シンクロ』してるでしょう?

ちなみに、一番上の黄色のラベルは露葉風、下の赤いラベルは雄町です。(酒米の名前)

(個人的には、雄町の完熟純吟が好き。完熟いちじくのイメージ!)



百楽門 秋冬セット



冒頭のツユハカゼトリオは『風の森』(純米生原酒)・『稲天』(大吟醸)・『百楽門』(熟成純米吟醸)です。『露葉風』は奈良県産の酒造好適米。

どなたか三銘柄制覇、されましたか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://murou.asablo.jp/blog/2016/11/14/8247779/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。